多摩の女性の働き方「集合知」フォーラム

終了

2017.03.14 Tue.

多摩の女性の働き方「集合知」フォーラム

本フォーラムは、多摩エリアの次世代を担う女性の働き方に焦点をあて、東京郊外らしいワークライフバランス実現のための仕組みづくりに取組む支援者の皆さまにお集まりいただき、それぞれの実践知から集合知が生まれることで、多摩エリア全体としての、女性の就労環境の向上を目指すものです。

フォーラムは女性の働き方にスポットをあてて「テレワーク」「コワーキンススペース」の二つのテーマで、二日間にわたって開催いたします。

連続でご参加いただくことは、もちろん大歓迎ですし、単発のご参加も可能です。
お忙しい日々をお過ごしのことと思いますが、多摩エリアという、共通の愛する地域で、ともに暮らし、同じ未来を生きるみなさまのご参加をお待ちしております。

開催日 2017年3月14日(火)、3月24日(金)
会場 小平コワーキングスペースすだち 東京都小平市学園東町1丁目9-15(西武多摩湖線一橋学園駅北口徒歩3分)
参加費 無料
定員 第1回、第2回ともに20名程度
申込方法 ページ最下部の、お申込みフォームよりお申込みください。

 

3/14(火) 第1回「テレワークと女性の働き方」14:00~17:00

第一回のテーマはテレワークです。
女性の就労にとってハードルとなる「長距離通勤」と「長時間労働」。その解決の糸口として、スポットがあたっているテレワークを活用した在宅ワーク。
暮らすまちで、家族のそばで働くことを可能とするテレワークは、自身の裁量で働ける側面がある一方、仕組みづくりの課題を感じる支援者の方も多いのではないでしょうか?第一回フォーラムでは、お二人のゲストにお越しいただきます。企業の中で始まっている「雇用型テレワーク」と、フリーランスな立場で働く「個人事業型テレワーク」の二つの実践事例から見えてくるテレワークの可能性をもとに、参加の皆さまとご一緒に「未来につながる集合知」を見つけたいと思います。

<第一部>
  • 事例紹介①企業の雇用型在宅ワークの取組みについて
    NTTデータ経営研究所 ライフ・バリュー・クリエイションコンサルティングユニット
    マネージャー 小林 洋子氏
  • 事例紹介②女性のテレワーカー(フリーランスとしての在宅ワーク)支援の取組みについて
    株式会社キャリア・マム代表取締役(CEO) 堤 香苗氏
<第二部>
  • 参加者とのディスカッション(質問トークライブ)、意見交換

3/24(金) 第2回「女性の働き方とコワーキングスペースの可能性」14:00~17:00

第二回のテーマは「コワーキングスペース」です。
今、多摩エリアには、さまざまな特色を持つコワーキングスペースが続々と誕生しています。これは、働くスタイルの変化と連動した動きだと感じています。
どこか固定した場所に通勤し、場所に縛られる働き方ではなく、必要なときに、心地よく働けるスペース。コワーキングは、職場でもなく、自宅でもない、サードプレイスです。ことに、女性にとっては、コワーキングが持つ自由度やコミュニティの力も、大切な要素なのかもしれません。
そんな女性の働き方にとってのコワーキングスペースの可能性について、さまざまなコワーキングスペースの仕掛け人として活躍されている多摩信用金庫の長島さんをゲストに、多摩エリアの女性のためのコワーキングスペース事例なども取り上げます。そして、その可能性について意見交換しながら集合知を育みたいと思います。

<第一部>
  • 基調講演 多摩エリアのコワーキングスペースの潮流と女性の就労支援
    多摩信用金庫 地域連携支援部長 長島 剛氏
  • 事例紹介①ハニカムステージ~女性の手仕事 事業化支援・女性専用コワーキングカフェ~
    ハニカムステージ代表 小金沢 一実氏
  • 事例紹介②CsTACHIKAWA~保育園併設女性向けコワーキングスペース~
    株式会社シーズプレイス代表取締役 森林 育代氏
  • 事例紹介③コワーキングスペースすだち~まなぶ、ためす、つながる、女性のためのコワーキング~
    NPO法人MYstyle@代表理事 竹内 千寿恵氏
<第二部> 参加者とのディスカッション(質問トークライブ)、意見交換

ゲスト紹介

kobayashi

<第1回ゲスト> 小林 洋子さん

NTTデータ経営研究所 ライフ・バリュー・クリエイションコンサルティングユニット マネージャー

米マサチューセッツ工科大学修了(都市計画)。国際機関、外資系会計事務所(税務部門)を経て2006年6月より現職。少子・高齢化や女性の活躍推進、地方創生等、社会の転換期においてどのように地域・暮らしを再構築するか、ITをどのように活用するかをテーマに子育て、医療介護、ヘルスケア、マイナンバーに関するコンサルティングや調査、実証事業支援、事業企画支援に携わる。一男一女の子育て中。共働き時代に仕事と子育てを両立するには地域コミュニティーが重要と実感。子育て中の親子と地域をつなぐイベントや子育て情報サイトのボランティアライター等、暮らす地域における活動から得た生活者実感や地域の実情から社会を構想し、提案や事業企画支援を行うことを得意とする。

tsutsumi

<第1回ゲスト> 堤 香苗さん

株式会社キャリア・マム 代表取締役(CEO)
神戸出身。神戸女学院高等学部、早稲田大学第一文学部・演劇専攻卒業。フリーアナウンサーとして大学在学中よりTV・ラジオのDJ、パーソナリティとして活躍。自らの出産・育児体験から、育児に追われ、意欲がありながらも社会から隔絶されている女性たちが、自分の“固有の特徴と経験” を“キャリア”として社会に還元できる創出を目的として、キャリア・マムを設立。「うそをつかない経営」「楽しさの10か条」を経営方針とし、また、女性、特に子育て中の女性たちが「自分らしい生き方を、精一杯模索する姿を、未来を担う子どもたちに見せていく」ことを企業理念としています。「女性のキャリア・アップ支援」「主婦ビジネスの実態」「くちコミによるマーケティングやコミュニケーション術」「在宅ワーク」「ITビジネスの可能性 」等のテーマで講演、執筆の他、インターネットメディアのコーディネーターとしても幅広く活動中。

nagasima

<第2回ゲスト> 長島 剛さん

多摩信用金庫 地域連携支援部長

大学卒業後、多摩中央信用金庫(当時)に入庫。2006年合併に伴い多摩信用金庫に改称、同時に創設された価値創造事業部に当初から配属。2017年1月から価値創造事業本部 地域連携支援部長に就任。多摩CBネットワークの世話人。多摩地域全域の課題に対して解決を図る取り組みを行っている。多摩地域にとどまらず、日本各地が活動の舞台となっている。金融機関の枠を超えて地域の人たちと一緒になって活動している。趣味はパン作り。

 koganezawa

<第2回ゲスト> 小金沢 一実さん

ハニカムステージ代表

八王子市に生まれ育ち、現在10歳の男児の母。実践女子大学家政学部被服学科卒業後、営業職、販売、学童保育指導員などに従事。 出産後の2006年、八王子市で「市民活動団体  保育サポーターはちっ子」を立ち上げ、子育て支援活動を始めた。 2012年「一般社団法人  保育サポーターはちっ子」設立。同年には女性専用コワーキングカフェ「みんなのアトリエ  ハニカムステージ」を個人事業として開業。

 moribayashi

<第2回ゲスト> 森林 育代さん

株式会社シーズプレイス代表取締役

東久留米市出身。短大卒業後プロミュージシャンとして活動後、就職、結婚、育休復帰で働く母と子育てをめぐる不自由さに直面。PTA、市民委員会等活動を経て、多様性が尊重される社会づくりを目指し、メーカー営業職をしながら2012年NPO法人ダイバーシティコミュを設立。
2014年4月より、武蔵村山市立緑が丘ふれあいセンター指定管理者。2016年9月(株)シーズプレイス設立。武蔵村山市男女共同参画、地方創生等、委員会、審議会委員多数。

 takeuchi

<第2回ゲスト> 竹内千寿恵さん

NPO法人MYstyle@代表理事

商店街生まれの商店街育ち。大学卒業後、教育出版会社で編集に従事。
結婚後、1~2年おきに8回の転勤生活。その間の出産、子育ておよび両親の遠距離介護を通じて、地域のサポートの重要性を実感。その体験がベースとなり2006年11月、コミュニティビジネス活性化を目指しNPO法人を設立。仕事は現場主義。兆しを早くキャッチし、ゼロから1のプロジェクトをオリジナルに構築することを得意とする。プロジェクトの立案から実施まで、スピーディー に推進し実現させることがモットーであり強み。2人の子どもの母親でもあり、暮らしと仕事のバランスがテーマ。生活感を大切にしている。

第二部コワーキングスペース紹介

%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b8事例紹介①ハニカムステージ
%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%ba事例紹介②CsTACHIKAWA(シーズ立川)
%e3%81%99%e3%81%a0%e3%81%a1事例紹介③コワーキングスペースすだち

お申し込み

以下のフォームからお申し込みください。

第1回のお申し込みは、締め切りました。

第2回 「女性の働き方とコワーキングスペースの可能性」

https://pro.form-mailer.jp/fms/c7a389d4117640